Q&A - 腰痛 頭痛 肩こりなら さくら市の整体

早乙女整体院

よくある質問

どの様な施術をしていますか?痛いですか?

私自身が20年の施術生活の中で様々な技法を学びました。
しっかりと原因を見極めた上でその様々な技法の中から適切なものを用います。
主に使用する技法は「AKA博田法」という物を実情に合わせて当院流に合理化したものです。
AKA博田法の効果については下記の動画が非常に分かりやすいのでご覧ください↓
施術は基本的に痛みはありません。
またお子様から年配の方までどなたでも安心して受けて頂く事が出来ます。

そもそもの痛みの原因は?

「筋肉の緊張である」と断言して良いと思います。
片方の手でずっと重たい物を持っていると腕が痛くなった事がありませんか?そして、反対の手に持ち替えると痛みが引いて行きます。おそらく貴方も経験があると思います。
ぶつけた痛みも同じく瞬間的に筋肉が緊張する事で痛みを感じます。
痛みは筋肉が「自由に動けない」という状況を押し付けられている時に起こるものであって、決して「大きな神経が圧迫を受けて起こる」というものではありません。

では腰の痛みの原因は?

当院では原因を大きく2つに大別しています。 1つは「仙腸関節の機能低下型」
もう1つは「上半身緊張型」

です。
前者は「身体を支える」という仙腸関節の本来の機能が低下している事で腸腰筋という筋肉に力を入れて身体を支えざるを得なくなり、それによって腸腰筋の起始部と停止部の範囲(腰椎から股関節までの範囲)で痛みが起こります。

後者は特に仙腸関節の機能には問題がないのに様々な理由(クセ、性格、精神的な緊張など)によって手首や首周辺に緊張が出る事で広背筋という大きな筋肉が緊張状態を強いられて痛みを感じる様になります。

また当然ながらこの2つが複合している例も多数あります。

病院で椎間板ヘルニアに伴う坐骨神経痛と言われ手術が必要だと言われましたが出来れば手術はしたくありません。何か方法はありますか?

はい、少し時間はかかるかも知れませんが充分に手術の回避は可能だと思います。
そもそも、前の2つでも軽くご説明致しましたが、大きな神経が圧迫を受けて痛みを感じる と言う考え方自体が当院では「理に適わない」と捉えております。
実際に手術をしても改善しない例が沢山あります。
改善しなかった理由は「理に適わない事をしたから」であり、改善した例も「手術の時の麻酔で緊張して痛みを起こしていた筋肉が次の痛みまでの猶予期間が出来たから」という事で説明が可能です。事実、一度治っても再発する事例も多数あります。

とても文章では書ききれませんので詳しくはお電話を頂ければと思いますが、しかし正確に原因を見極めて適切な対応をすれば充分に手術回避は可能であると思います。

脊柱管狭窄症と言われましたが対応可能ですか?

はい、当然対応可能です。
脊柱管狭窄症というと「数百メートル歩くと脚が痺れたり痛みが強くなり、しばらく休むと治る」と言うのがよく聞かれる症状ですが、実はこれも神経は関係ありません。
(Q2)で別の例を挙げましたが、手を休ませると痛みが取れるのと全く同じ事が場所を変えて起こっているだけなのです。

脊柱管狭窄症の痛みや痺れは脊柱管は無関係です。
仙腸関節の機能低下や上肢の緊張で身体が前傾し、それを支える為に下肢に常に緊張を強いる状態になっているままで歩くから痛みや痺れが出る。で、休めば治まる。 というメカニズムです。
まずはご相談下さいませ。

腰痛・頭痛・肩こりを解消したい方へ

さくら市,氏家駅の整体

土曜・祝日も受付 平日18時30分まで受付 無料送迎あり 予約優先 氏家駅より車で10分

慢性腰痛・頭痛・肩こりを根本解消したい方へ

総合整体コース

通常 4,500円 → 初回 4,000円

体のメンテナンスをしたい方へ